もう何年もファンのECショップのひとつに、バッグの『エルトゥーク』さんがあります。
メルマガも読んでいるのですが、ライター目線で見たときに「うーんすごい」と唸ってしまうのが、新商品を発売するときの言葉。

「発売」とか「販売開始」って言わないんですよ。

「オーダー会」って言うんですよ。

エルトゥークサイト

エルトゥークさんのサイトのトップ。画像クリックでサイトに飛びます

エルトゥークさんのバッグの新商品は数量限定生産品も多いので、販売開始してもすぐ送られてこず、納品まで1ヶ月ほど待つこともざら。それを考えると、「発売」や「販売開始」はちょっとそぐわないというのも理由のひとつかもしれませんが(こういう言葉で発売されたものって、なんかこう、すぐに届きそうなモノというイメージがしませんか?)なんかよくないですか「オーダー会」って言い方。ワンランク上の、いいものを買うときのどきどきやときめきが詰まっているような気がしませんか。納品まで待たされても納得する、いやむしろ、納品まで時間がかかるのも当然だという気がしてきませんか?

いいものを扱っているお店ならではの、いい言葉ですよね。

ECサイトの雰囲気づくりというのは、商品写真や全体のレイアウトなどの、ビジュアルに負うところが大きいと思われます。実際、確かにビジュアルの力もとても大きいと思います。ですが、このような本文やキャッチに使われているちょっとした言葉もまた、お店の雰囲気を決める要素として欠かせないもの。このサイトのように細かくしっかり気を使って、ライティングしたいといつも思います。