最近、改めて「SNSって面白いなあ」と思うようになりました。Twitterも、Instagramも、以前に比べるとずっと投稿する頻度が上がっています。TLを眺める時間も長くなりました(Facebookはもともと投稿する頻度やTLを眺める時間が比較的長かった)。

なぜこんな心境の変化が起こったのかというと、以下の2点を心がけるようにしたからです。

自分のログを、快適に見返せるようなものにした

Twitterで自分のツイートを見返すときや、Instagramで自分の投稿を見返すときに、「私らしいな」「なんかいいな」と思えるようなものだけを投稿するようにしました。

たとえば、Twitterでは、仕事やライティング関連の話だけではなく、もう少しゆるい話もツイートするように(もちろん、個人的に「ここまではOK、これ以上はNG」という基準はちゃんともうけています)。こうすると、後で自分の投稿を見返したときの面白さがぐんとアップしました。「そうか、私はこう考えていたんだな」「そうだよなあ、この情報見つけたとき興奮したよなあ」と思えるようになりました。

また、Instagramも、適当に撮った写真を上げるのではなく、それなりに考えて工夫して何枚か撮って、その中で「これがいい」と納得したものだけを挙げるようにしました。結果、自分の投稿を見返したときに「おー、私もなかなか写真うまいかも?」「この写真いいよねえ。本当ここ綺麗だったよねえ」と楽しく思えるようになりました。

つまり、自分のアカウントにアクセスするのがすごく楽しくなるんですね。そして、楽しくなるからアクセスしたくなるし、また楽しくなるようなことをツイート&投稿したくなる。このいいサイクルができているように思います。

より慎重にフォローするようにした

特にTwitterの場合、過去ちょっと頑張っていろんな方とつながった時期があったんですね。でも、そういうときにつながっている人とは、なんだかんだで絡むこともないし、なにより多くの方がTwitterをやめてしまわれている。いや、ツイートはされているんですけど、たとえばブログ更新やFacebookへの投稿をお知らせするツイートしかしていない。それも、おそらく自動投稿を設定されているんだろうなあうといものばかり。つまり、アカウントは残っているけど、ほとんどTwitterにアクセスせず、放置している方なんですよね。だから、あまりおもしろくない。

そこで、このような方々はブログをRSS登録する、あるいはFBをフォローするようにして、Twitterでは一旦リムーブすることに。アクティブな方のつぶやき中心に見ることができるようにしました。

結果、TLの面白さがアップ。見ていて楽しい場所になりました。

結論:SNSは「楽しい」がないと面白くないし、続かない

なんだかもう、基本的すぎていまさら言葉にするのもバカバカしいことですが、やっばり人間、「楽しい!」と思えることじゃないと続きません。SNSはもともと、仕事に活用できるかな、仕事で使えるかな、と思って利用し始めたのですが、仕事に使う!とだけ肩肘張って義務感でやっていても続きにくいのでしょうね(あくまで私の場合です。人によっては、「これは仕事なんだから!」と考えて業務として淡々とやっていくほうが合っている、という方もいらっしゃるかもしれません)。

最後に、今日の一枚。先週末、京都の梅宮大社の神苑で撮ったものです。梅宮大社は神苑は綺麗だし、可愛い猫ちゃんはいっぱいいるし(多分5~6匹くらい?)参拝客はそう多くないしで、京都にお越しの際はぜひおすすめする場所のひとつです。