話題のアプリ探しているときにちょっと気になるカメラアプリ『NOMO』を見つけたので、紹介します。画像多めです。スクロールの手間がいつもよりかかるかもしれません。

チェキ風の写真が撮れるアプリ『NOMO』

『NOMO』は、チェキ風の写真が撮れるアプリです。ちょっと前に韓流タレントの方がInstagramや自撮りに使っていたそうで、それが雰囲気あっておしゃれ!とSNSでも話題になっていました。

NOMOで撮った写真は、こんな感じ。

枠の加工とか何もしていませんよ。普通に撮ってこういう状態になるんです。確かにチェキ風。レトロな感じがいい雰囲気の写真になります。

『NOMO』で普通の写真を撮る方法

写真の撮り方もチェキっぽい感じです。まずはシャッターボタンをタップ。

それから右下のボタンをタップ。

すると、こんな画面が出てきます。右上に表示されているのが、最新の写真。写真はゆっくりと現像されていきます。

待ちきれない場合は、写真をタップしてスマートフォンを振ると現像時間が短くなります。このあたりの仕組みはチェキまんまで面白いですね。

さて、現像できました。

『NOMO』で二重露光写真を撮る方法

このままでも十分雰囲気あって面白いのですが、実はこのアプリ、二重露光写真がとても簡単に撮れちゃうんです。

二重露光写真とは?

二重露光とは、1枚のフィルムに2回シャッターを切って写真を撮る方法。2枚の画像を重ねあわせたような写真ができます。言葉の説明だけではわかりにくいかもしれないので、実際に『NOMO』で撮った二重露光の写真をご覧ください。

青もみじとお稲荷さん。

お花と線路。

昭和感ある路地とアパート。

『NOMO』での二重露光写真の撮り方

こういった二重露光写真の撮り方は、とても簡単。まずは、写真を撮る前にファインダーの左下にあるボタンをタップ

アイコンが緑色になるのを確認して1枚目を撮影。

そのまま現像せずに、続けて2枚目を撮影。

2枚目を撮影してから現像すると、二重露光写真のできあがり!

二重露光写真はデジタルでは撮るのか難しいという話を聞いたことがあるのですが、こういうアプリを使えば簡単にできるんですねー。最近はデジカメでも多重露光機能がついたものがあるそうですが、そういったカメラをわざわざ買わなくても、アプリをダウンロードするだけでこういう写真が撮れるのはちょっとうれしいかも。

チェキっぽい!と注目された『NOMO』でしたが、実はチェキ風写真が撮れるだけでない、なかなか遊べるカメラっぽいなあと感じています。いい雰囲気の写真が撮れそう。チェキ風写真が好きな人だけでなく、ちょっと変わった写真を撮りたい人にもおすすめです。