ライターになってからもう10年以上経ちますが、やればやるほど「文章を書くのは難しい」と感じます。

なぜ難しいのか。その最大の理由は文章力でも語彙力でもなく、「書き手と読み手は別の人だから」ということに尽きるのではないか、と最近は思うようになりました。

当たり前すぎる話なのですが、どういうことか少し詳しく説明しますね。

同じ言葉を聞いても、同じものをイメージするとは限らない

たとえば、「散歩していると、犬に吠えかけられた」と聞いた時、あなたはどんな状況を想像しますか?

あなたが散歩しているのはどこでしょうか。近所の住宅街でしょうか、それとも郊外の自然豊かな散歩道でしょうか。子供が多い公園の近くでしょうか、歴史的な建物が立ち並ぶ、観光客に人気のスポットでしょうか。

犬はどんな犬でしょうか。大型犬でしょうか、小型犬でしょうか。犬は飼い主との散歩の途中でしょうか、それともどこかの家から、塀越しに吠えたのでしょうか。ひょっとしたら、通りがかった車の中にいた犬でしょうか。

このように、同じ文章を聞いても、イメージするものは違います。このイメージをなるべく近いものにすることが、文章を書く上で最も重要なことのひとつ。世間にはさまざまな文章テクニックがありますが、ほぼすべての文章テクニックはつまるところ「イメージを共有し、伝える」ために存在しているものです。

重要なポイントに絞って伝えようとしても……

とはいえ、このテクニックをいくら駆使したところで、完全にイメージを伝えるということはほぼ不可能に近いといっていいでしょう。細かなところで、イメージの違いが生じるのはしょうがないことです。そこは割り切って、書き手はだいたい「重要なところだけ共有できていればいい」と思って文章を書きます。

ところが、ここでまた問題がひとつ発生します。書き手の考える「重要なところ」と読み手が考える「重要なところ」がズレる場合があるのです。書き手が「ここ注目して!」と書いた話も、読み手からすると「そんな話よりこっちの話詳しく聞きたいんだけど」となるケースは珍しくありません。あるいは、書き手が「ここは重要ではないから飛ばしてしまおう」とした話に、読み手が「この話飛ばされると、何がなんだかわからないんだけど」となることだってあるのです。

ライターの仕事で具体例を挙げましょう。ECサイトの商品説明文なんかそうですよね。お店側には「この商品のここをチェックしてほしい!」という気持ちがあります。でもお客様側には「そんなことより知りたいことがあるんだけど……」と思うことは珍しくありません。

じゃあ、どうすればいいの?

書き手と読み手が違うからこそ生まれる問題を完全に解決するのはまず不可能です。しかし、不可能だからといって諦めるわけにもいきません。そこで、書き手は知恵を絞って「何をどう書けば、書き手と読み手のイメージするものが近くなるか」「何を書けば、読み手の『知りたいこと』に応えることができるのか」を考えるわけです。100%伝えるのが難しくても、50%、60%、70%、あるいはそれ以上の内容を伝えることは努力やテクニックでなんとかできるわけですから。

文章を書くのが難しいと感じたら、あなたもぜひ、「読み手と自分は違う人だ」ということを改めて考えて「読み手はどんなことを知りたがっているか」「読み手の知りたがっているであろうことにきちんと答える文章になっているか」「こちらのイメージがきちんと伝わる書き方か」などをチェックしてみてください。こういったことを考えるのを習慣化していけば、文章を書くのは少しずつ難しくなくなっていくことでしょう。