「乗り物酔いしやすい鉄道ファン」な私が気をつけている、酔い止め7つのポイント

「乗り物酔いしやすい鉄道ファン」な私が気をつけている、酔い止め7つのポイント

鉄道系の記事もしばしば書いていて、鉄道旅行も好きな私。しかし、ひとつ大きな欠点があります。それが、実は乗り物酔いをしやすい体質だということ。

今でこそかなりマシになりましたが、それでも電車に乗るとしんどくなることがまれにあります。場合によっては京都駅~嵯峨嵐山駅のわずか約20分程度の時間ですら、ちょっとふらふらすることも。特に相性悪いのが京阪電車で、ゆったり座れるプレミアムカーを使えば大丈夫ですが、そうでない場合はもう、てきめん酔います。三条~京橋間の特急乗車でふらふらになることもあります。

ということで今回は、生まれてこの方ずっと乗り物酔いと付き合ってきた私が実践している、乗り物酔い止め7つのポイント。もちろん体質には個人差があるので、私がやっていることが万人にあてはまるわけではないと思うのですが、乗り物酔いに苦しむ方はもちろん、乗り物に酔いやすいお子さんがいるおうちの方の参考にしていただければ、と思います。

1. 何はともあれ酔い止め薬!

まず大事なのはこれ。何はともあれ酔い止め薬。どの薬がいいかは体質によって違うので、ドラッグストアで薬剤師さんと相談して選んでください。酔い止め薬には小児用もあります。お子さんが飲める年齢になったら、やはり薬剤師さんと相談の上飲んだほうがいいと思います。さすがに短時間の乗車では飲むことはほとんどありませんが、取材や旅行などで長時間乗り物に乗るときには必ず飲みます。

2. 体調はしっかり整えておく

体調が悪い・体力がない時期は、酔いやすくなる傾向があります。特に成人してから悩んでいるのが、肩こり。「あーなんか肩こり最近きついなあ」というときは、近距離・短時間でも頭が痛くなりやすいので(会社員をしていたころは、疲れが溜まると阪急の梅田~四条大宮駅間でふらふらになったことが何度もあります)、旅行などで長距離移動をする場合は、事前に数日かけて体調を整えることができればベストです。

3. 体をしめつけない、ゆったりとした服装を

私の場合、特にお腹が圧迫されていると酔いやすい傾向があります。そのため、長時間乗り物に乗るときにはゆったりとした、体を締め付けない服を着るようにしています。女性の場合、下着にも気を使うとなお良いでしょう。私の場合、長距離移動する場合はワンピース、ゴムウエストのスカートやイージーパンツ、ブラトップやブラキャミなどを着ることも多いです。個人的に助かっているのが、去年辺りから流行しているゆったりめのワイドパンツ。きっちり見えるのにゆったりした着心地というのが、仕事での移動のときにとても助かります。

4. 乗車前は脂っこいもの、お腹いっぱいになるものを避ける

経験上、お腹に負担がかかっていると気分が悪くなりがち。乗車前に食事をする場合は、あっさりさっぱりしたものを軽く食べる程度にしておくのがおすすめです。旅行のときなどに地元グルメを楽しみたい場合は、食べてからあと乗車までに小一時間程度の時間を取って、お腹がある程度こなれてから乗車するようにスケジュールを組んでおくといいでしょう。

5. 乗車中のおやつにお茶もしくはミネラルウォーター、ミント系のガムを用意

乗車中に小腹が空いたときにそなえて、お菓子を用意しておくことってありますよね。そんなときは、スナック菓子などの脂っこいものは避けたほうがいいと思います。私の最近のお気に入りはミックスナッツ。子どものときは、ガムをよく噛んでいました。あとは、飲み物は甘さ控えめのものほうがベター。無糖のお茶・ミネラルウォーターがおすすめです。炭酸飲料はお腹がはって苦しくなることがあるので、あまりおすすめしません。

6. 可能なら座席をリクライニングさせ、リラックスした姿勢を取る

可能であれば、少しだけでいいので座席をリクライニングさせて、ゆったりリラックスした姿勢をとりましょう。リクライニングができない場合はしょうがありませんが、できるだけリラックスした、お腹を圧迫しない姿勢をとってみてください。私は乗る車両の種類によっては、あえて座らず立つこともあります。

7. スマホなどの画面はなるべく見ない。細かな字の本も避ける

視界が揺れると、酔いやすくなります。スマホなどの画面はなるべく見ず、遠くの景色を見るようにしておくといいでしょう。お子さんの場合、移動時間が長いと携帯ゲーム機で遊びたがることもあると思うのですが、酔いやすい子であればなるべくそこは我慢してもらったほうがいいと思います。あと、本もできれば避けたほうがいいと思います。酔う可能性が上がります。手持ち無沙汰と感じるときは、スマホなどで音楽やオーディオブックを聞いているといいと思います。

どうしてもしんどい!となったら素直に助けを求める

子供の頃は、以上の7つのポイントをしっかり守って乗り物に乗っていました。しかし、今はかなり酔いにくくなったのでフルに守ることは今はほとんどありません。その日の体調や移動時間に応じて、適宜組み合わせて酔わないように注意しています。

まれに、こういったことに気をつけていても、どうしてもしんどい!無理!となることもあると思います。そういうときは無理せず、乗務員の方などに助けを求めましょう。普通列車に乗っている場合は、適当な駅で一旦下車してベンチに座るのもいいと思います(スケジュール次第ですが)。

というのが、たまーに、「乗り物酔いだと思ったら別の体調不良だった」ということがあるんですね。私は学生時代、「なんか今日はすごく酔う!無理!」と思って途中の駅で降りてベンチに座っていたら、そのまま貧血で倒れてしまった、ということがありました。こういうときのためにも、無理!と思ったらすみやかに助けを求めてください。

この7つのポイントが、あなたやあなたのご家族の快適な移動のヒントになればうれしく思います。