ねとらぼ交通課にて「告知人」の記事公開中!

ねとらぼ交通課にて「告知人」の記事公開中!

ちょっとご報告が遅くなりましたが……2020年6月10日、ねとらぼ交通課様にて、記事「日本初の路面電車に実在した少年乗務員「告知人」の悲しくはかないお話」が公開されました。

Screenshot

日本初の路面電車に実在した少年乗務員「告知人」の悲しくはかないお話

6月10日は路面電車の日。明治時代、ボーズ頭の少年が「あぶのおまっせー!」と叫ぶ路面電車の仕事がありました。

日本で初めて電車が走った街・京都。その京都にだけ存在した「告知人」という制度。この存在を初めて知ったとき、いつか記事にまとめたいなーと思っていたのですが、これがやっと形にすることにできました。

「告知人」についての資料は非常に少なかったので、過去の書籍を取り寄せたり、伏見チンチン電車の会様にご協力いただいたりして作成。記事の企画を立てたのは緊急事態宣言が出る前後だったので、緊急事態宣言中はほとんどなにもアクションを起こせず、解除を待って取材協力のお願いをした……というお話です。

個人的には、お借りした京都府京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブの画像の1枚にしっかり「走る告知人」らしき姿が収められていたのに感動しました。確かに走っていたのですね。

なお、公開日である6月10日は、路面電車の日でした。この日に公開すべく、いろいろ急いでまとめたのも印象的な1記事です。

それから、今回のアイキャッチ画像は京都・梅小路公園に置かれている市電。中はインフォメーションになっていますが、最近はcovid-19の影響で閉鎖されているようです。この写真は今年の2~3月ごろに撮ったものです。

About This Author

鶴原早恵子
京都在住フリーライター。SEO記事から取材・インタビュー記事まで作成。取材可能範囲は関西中心に、全国・リモートも対応いたします。鉄道・お出かけ系記事の場合は写真も自分で撮影可能。鉄道好きなのに乗り物酔い体質なのが悩みのタネ。