ちょうどWelqなどのキュレーションサイトやそれによる文章・画像の無断転載が話題になっていた2017年初頭、写真と著作権、無断転載について特集した写真雑誌『アサヒカメラ』の売り切れが続出したことがありました。

その反響を受けて、『アサヒカメラ』では『写真好きのための法律&マナー』というコーナーを連載したのですが、その連載が1冊の本になって登場です。

それが、ずばり『写真好きのための法律&マナー』

※画像をクリックorタップするとAmazonの該当ページに移動できます

私はあくまでライターであって、カメラマンではありません。しかし、場合によっては写真も撮ります。また、プライベートでも、Instagramことりっぷなどに写真をいろいろアップロードしています。

それを考えると、やっぱりこういうことは知っておきたい!と思い、購入。いろいろと勉強になりました。

たとえば、肖像権についてはどんなケースなら侵害にあたるかどうかという一応の基準はあります。しかし同時に、その基準から外れているといっても、場合によっては撮られた人が不愉快になるケースもあるわけです。

だから、人が映り込む写真を撮るときには、「肖像権を侵害していないか」「こういう写真を撮られて相手が不愉快に思わないか」という2つの点を考えることが大切になってくるわけですね。

でも、肖像権の侵害はともかく、相手が不愉快に思うか思わないかは、相手によるわけです。「私はこの程度不愉快に思わない」と思っても相手が「不愉快だ」と思ったらアウト。このあたりの線引はとても微妙で、白黒つけることができません。

こういうあいまいなところがたくさんあるのだということを改めて知れて良かったと思います。

特に印象に残ったのは、盗撮についての話。

盗撮には2つ意味があります。ひとつめはわいせつ目的に被写体の承諾なくこっそり写真を撮る盗撮。これは違法行為です。ふたつめは、被写体に気付かれないように撮る行為。これには違法性がないケースも多々あります。街角スナップなどがそうですよね。

つまり、「被写体の承諾がない=違法行為」ではないわけです。違法行為が成立するには、ほかにもいくつかの条件が満たされなければなりません。

しかし最近は、被写体の承諾がないケースはすべて違法行為であると考える人も多いのです。また、肖像権についての理解もあいまいで、後ろ姿などで個人が特定できない状況であっても、撮影しただけで肖像権やプライバシーの侵害であると考える人もいます。

盗撮をテーマにした座談会『肖像権と盗撮』では、なぜそういう人が増えたのかという理由や、このままでは街角スナップというジャンル自体が先細りになっていくから、自由に撮れて発表できる場を確保し続けることが大切だ、という話が出てきます。「万一の覚悟がなければスナップは撮れない、発表できないというのは写真を趣味にしている一般の人にとってどうか(大意)」という意見についてはそのとおりだと思うのですが、一方で私はやはり不特定多数に公開するものである以上、それなりの覚悟や責任感を持ってスナップは撮影し、アップロードしたほうがいいのではないかとも思います。

というのが、以前、「よい写真というのは単なる美しい写真ではなく、『これをこう見せたい』という撮った人の思いが伝わる写真」ということを聞いたのですね。また、「写真」を「写心」と呼ぶフォトグラファーさんにお会いしたこともあります。私は写真に関しては素人ですが、Instagramに上げている写真にはやはり、それなりの気持ちを込めています。

気楽に撮るのもいいと思うしけっしてそれは否定しません。私自身、写真を撮る時点では比較的軽い気持ちでいます。ですが、それをアップロード(不特定多数が見られる状態)にするのであれば、自分の意思で、自分の責任で編集やレタッチをしています。それを考えると「写真を撮るのは気軽に、でもアップロードするときには自分の意思で、自分の責任で」やっていきたい。

そして、法律やマナーについて知っておくことは、自分で責任がとれる範囲を知っておくためにも必要なことだと思います。

1週間ほど前に哲学の道で撮影した写真。iPhoneで撮影後、iOSアプリのLightroomCCでレタッチしています。『MacFan』2018年7月号でiPhoneで行うretouchか特集されていたので、それを見ながら練習中。なかなかいい塩梅が見つかりません……

※『MacFan』はKindle Unlimitedでも読めますが、情報量が多いので紙の雑誌で買うことをおすすめします